ソーシャルメディア

ご連絡先

〒965-0871

福島県会津若松市栄町2-14
レオクラブガーデンスクエア5F

TEL.0242-93-7950

FAX.0242-85-6863

 

メールでのお問合わせは

こちらから

サイト内検索

☆最新情報☆

2017年12月18日(月)被災地のフリースクールとともに反転授業を学ぶ

2017年12月18日(月)10:00〜14:00 

福島コトひらく(郡山市)

 

ファシリテーター 田原真人

主催:ふくしまの子ども支援協議会

後援:フリースクール全国ネットワーク

参加費:3,000円

ZOOMでも全国から参加できます。自分たちは、違いから

学ぶことは困難だとずっと思ってきました。学校に行くとか、行かないということにこだわってもきました。しかし学校の先生も含めて違いからこそ学び合いが生まれると思っています

 

本研修は、福島県で行われる対面の研修と同時に会場と

webで全国をつないで行われる研修です。県外の方もぜひ、御参加ください。

ビーンズふくしま、寺子屋方丈舎のスタッフも参加します。フリースクール関係者

だけではなく学校教育関係者の皆さんも是非おいでください。

 

詳細情報と申し込みは、こちらから

ビーンズふくしま理事長若月ちよさん、四つ葉学舎代表 鈴木綾さんと当日のファシリテーター田原真人さんのインタビュー動画も見ることができます。

 

フリースクールについて(動画)

2017年度フリースクールスタッフ養成講座に際して、フリースクールとは何か?子どもたちの学びとは何か?について、フリースクール関係者とこれからフリースクールについて学びたい人を対象にオリエンテーションをしております。

 

 

 

 

違いから学び合う教育の必要性

今の教育にかくされた中身とは、主体的でありなさいと言いながら、服従してゆくことを求めます。反復の学習、答えを覚えることがあります。私たちは、あらゆる多様な違いをゆらぎとして取り入れながら学びあいます。生命論的な学びについて田原真人さんがかたります。

 

 

私たちは、これまでの教育から多くの知識と考え方を得たが、同時に心の中に大きな痛みを感じている。

 「反転授業」の田原真人さんが語る「痛み」を共有できたらうれしいです

 

 

 

 

誰かが悪くて地域や教育が問題をか抱えている訳ではありません。そこにはこれまでの社会がつくった「構造」的な課題があります。

 

信岡良亮さん(株式会社 巡りの環取締役)

との対談です


フリースクールとは何でしょうか?

学校なの?学校とはちがう塾みたいなところ?

勉強は教えてくれるの?

「私たちは、こどもが自分で学ぶ場所がフリースクールだよ」と答えます。初めてつくった映像ですがぜひごらんください。


私たちは学校外の学びの場です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さくとも大きな学びをつくりたい

(2017年4月)

 寺子屋方丈舎は1999年会津若松市に生まれた小さな学びの場です。私たちは、学校外で多様な生き方を自分で選び学びつづけています

 

私たちが出会ってきたのは、教育の現場で傷ついた子どもたちです。私たちはこの子どもを達を「弱い子ども」と考えたことは一度もありません。自分の考えとは無関係に、他人とくらべられたり、集団に合わせさせられたり、自分を大事にされることの少ない子どもだと思っています。中学校や高校に行かないことで、大人に、学び方や人格まで否定され、「いい子」を求められます。「いい子」は、大人の考えに沿って、常に前向きな子どものことです。自分の意見さえも言わない子どもです。

 しかし、いままで出会った大人たちは、あなたが「今そこにある」ことの大事さを伝えていません。生きていることが一番大事なんです。学びとは、第一にあなたが尊重されることであり、あなた自身が自分で学びを決めていいのです。第二には、自分で判断する力を身につけることです。ここでの学びは、間違ってもいいから自分の責任で決めてゆく力を養います。子どもは、他者への責任や貢献があるから学びを自分のものにできます。第三には人に関わる力を育てます。人と人がつながることでしか課題は解決しません。孤立しているということは、それだけで困難を生みます。いつでも、必要な人とつながる力さえあれば、以外と目的は達成されます。人生は可能性に満ちあふれていると私たちは考えています。

 

 

 フリースクールから環境教育、放課後居場所事業まで、私たちは、子どもの権利の尊重を大事に、自分で考え行動する教育。人に自分の考えを、伝えることができる教育を行っています。

 自分が社会に合わないのでは?ではなく、社会に合わせること自体本人を虚しくさせます。私たちは盆栽を育てているのではありません。人が自分で育つ力を支えているのです。人は、違うからから個性が生まれ、その個性がいままでにない価値を生みます。スタッフ、子どもたちが、個性的なみなさんを歓迎します。一緒に価値を創造しましょう。

 

                               理事長 江川和弥

  

新着情報

◆自遊学キャンプ“2017年〜2018年 冬”の情報を更新しました。(2017.9.29更新)

 こちらをご覧ください。

 

◆自遊学キャンプinいわき(後期)の情報を更新しました。(2017.8.25更新)

 こちらをご覧ください。

  

◆メディア掲載の情報を更新しました。(2017.5.25更新)

 こちらをご覧ください。

    

◆フリースクール・通信制高校の情報を更新しました。(2017.2.17更新)

 こちらをご覧ください。 

東日本大震災の被災児童生徒の学びの場づくり・子ども食堂へ寄付を

寺子屋方丈舎では、東日本大震災とそれにともなう福島第一原発事故被害を受けて会津地域に避難してきている子どもたちへの支援活動を展開しています。
現在私たちは、より充実した活動を継続していくために、多くの方からの寄付を必要としています。
ぜひ皆さまのお力をお貸し下さい! >>活動の様子はこちら。

寄付のご案内