Facebook

         

          【会津若松市教育委員会後援】
     子どもによりそう「心」 教育機会確保法と不登校支援

◆日 時:6月8日(土)11:00〜13:00(受付10:30~)
◆場 所:生涯学習総合センター(會津稽古堂)多目的ホール
◆テーマ:教育機会確保法と不登校支援
◆参加費:500円(資料代)

(講演会の内容)
不登校「0」から不登校で悩む子ども「0」へ
「登校という結果のみを目標にするのではなく、子どもや親の意思を十分に尊重しつつ、…社会的に自立することを目指す」と学習指導要領の総則にあります。根拠となっているのは、教育機会確保法(2017年2月施行)です。文科省は、これまでの「とにかく学校復帰をさせる」という支援のあり方を変えたのです。

○講師:加嶋文哉氏
【プロフィール】
1959年生まれ。
大分大学卒業後に小学校教諭。在職中に「星の会」を設立し、延べ6000人の不登校で悩む親たちの心を聴いてきた。
2014年3月に退職した後、教育・不登校研究所「明日(あした)が見える」を設立。
現在は、星の会(不登校を考える親の会)代表、「明日が見える」所長、「不登校を考える親の会ネットワークおおいた」の代表、「登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク」の理事を務めている。
星の会は、2015年に内閣府特命担当大臣表彰、2017年に「第11回未来を強くする子育てプロジェクト」で「スミセイ未来賞」、2019年には大分県人権尊重社会づくり推進功労賞を受賞した。

(著書)
「不登校の子どもに何が必要か」(共著・慶應義塾大学出版会)
「気になる子と学級づくり」(共著・クリエイツかもがわ)

趣味は手品。
 
 

◆お申込方法:以下のいずれかでお願いします。
・『参加予定』を押す
・参加申し込みフォームより:https://www.secure-cloud.jp/sf/1557893000bdGjBOTP
・問合せ先電話にて
 
◆お問合せ先:
・NPO法人寺子屋方丈舎:0242-93-7950
・大関勇気:070-5453-7131
 
メールでのお問合せはこちら
houjou28@gmail.com