私たちは、不登校や高校中退についてどう考えるのか

「肯定ファースト」で関係と学びをつくります

 教育は、指導や矯正の場であると思い込んでいる人がいますが、短期的な記憶はすぐに忘れ去られてしまいます。いわゆる学びを強いることを私たちは行いません。学びは、疑問を素直に出し合いながら考え続けてゆくものです。

 われわれスタッフはいつも肯定します。どんなことでも否定すればそこで学びが止まってしまうからです。私たちは、肯定された関係づくりを一番大事にしています。自分が好き、仲間が好きここから学びをつくります。

 不登校支援の最大の問題は、心の中では子どもを「間違っている」と思いながら「心の病気」だと、自分の気持ちを押し隠し、あたかもわかったようにふるまうことです。こんな「嘘くさい」態度を私たちはとりません。

 子どもは、堂々と生きていることを肯定されて。はじめて人として生きるのだと思っています。

文部科学省は「学校復帰」から「本人支援」へ

 文部科学省は2016年「教育機会の確保法」をきっかけにして、学校を休む必要性も含めた柔軟な不登校への考え方を示しています。これまでは学校に子どもたちが通えることだけを探してきました。時に、不登校は、「心の病」などという不当な表現をされる場合もありました。2019年10月にこれまでの学校復帰を前提にした、不登校の支援から、本人の学びを支援するという目的の変更を行いました。

 教育を選択する自由は子ども達にあるという視点へ、一歩進んだ見解を出しています。

http://tu-mu-gu.com

私たちは「学校に行けないこと」「学校に行かないこと」が問題とは思いません。

 

将来を担う子どもたちが「学校に行けない(行かない)」という選択をすることで、

子どもたちの「学びの場」が奪われてしまうことが、問題です。子どもたちは、それぞれに学びのスピードや考え方が違います。私たちは、この違いを分けて細かく対応してゆくことを子どもの「子どもの細分化」が豊かな関係性をつくるとは思っていません。不登校の子どもは、心の病なんだからと遠ざかってゆくこと、何もしないことは、無自覚に攻撃されるよりはましですが、本人の意欲を先送りして学びから遠ざけているだけです

 お互いの違いから学び合う少しのきっかけが生まれるのがフリースクールです。我々が行っているのは、自分と向き合いづつけ、学び合いつづけることであって、資格や知識の量を求めることではありません。

私たちは、教科学習だけでない「学び」の機会を子どもたちと「一緒に」つくり、

自ら考え、選択し、行動できる場所を提供します。

子どもたちは「学ぶ力」を持っています。

それぞれが持っている「学ぶ力」を発揮する場所があるか、ないか、だと思うのです。

 

私たちは子どもたちと一緒に「学ぶ機会」を考え、つくり、

それらを実施していくことで、「学ぶ力」を伸ばしていく教育を目指しています。

「社会とつながる力」を支えるのは子ども同士がつくる自信と信頼です


私たちの基本的な考え方は、子どもと肯定的に関わることです。人間は誰しも肯定されると能動的に発想をし、否定されると行動をやめます。子どもは、社会(他者)とつながることで、可能性が広がり、周りに認められることで、自らの「学び」を育んでいくことができると、私たちは考えています。

 

方丈舎では、「社会とつながる力」を学んでいくことができるよう、

普通の学校とは異なる、以下の特色があります。

 

①登校は毎日でも、週1回でも大丈夫

→自分のペースで、安心して通える居場所です

 

②「やってみたい」を形にするプロジェクト学習

→自分の興味にあわせて、行動してゆくことの積み重ねで自己肯定感を育みます

 

③「先生」とは違う「スタッフ」が、不安や悩みをフォロー

→子どもの声をじっくり聴き、一緒に考えます

 

④日常のルールは、子どもたちが話し合いで決定

→関係づくりや、自分の意見を表明する事の大切さを学べます

そのために、寺子屋方丈舎には「3つの柱」があります。

以下の「3つの柱」を大事にして、私たちは日々、活動しております。

①子どもミーティング(詳細を見たい方は、下の絵をクリック!)

②方丈舎の事業にボランティアとして参加(詳細を見たい方は、下の絵をクリック!)

③1999年から培ってきた「ノウハウ」(詳細を見たい方は、下をクリック!)

方丈舎の受け入れについて(フリースクール)

 

対象

7歳~21歳

学校教育が合わず、不登校傾向があり、学習機会を十分に持てていない次のような子ども

 

・自ら「学ぶ」意欲のある子

・退屈な状況から自分で行動し始めたいけれど、何をしようか?迷っている人

・自分の興味・関心ととことん向き合ってみたい子

・「楽しいこと」が大好きな子

開設時間

毎週火曜日~土曜日 10:30~15:30

オンラインでの学習についてもご相談ください。

☆15:30以降は放課後です。スタッフは15:30以降はつきません。

親の会

毎月第2土曜の10:30~12:00

※通信制高校についてはこちらをご覧ください。

日々の様子を覗いてみたい方へ☆(Facebook、LINEは随時更新)

友だち追加 LINEアカウント登録は上のボタンをクリック!

ご相談から支援の流れ・相談は下の絵をクリックして下さい